« ブログ | トップページ | 家づくり »

2008年2月28日 (木)

家相って・・・。

お住まいhouseを新築、改築、リフォームされる時

「家相」が気になる・・・confident

という方がいらっしゃいます。

では、そもそも「家相」とは、何でしょう??

「家相」とは、中国で生まれた占術が、日本に伝わり、江戸時代に

家づくりの指導書として広まったものです。

その家相の内容には、四つの傾向があります。

1. 自然の中で、自然と共に生きそうすることで家を長持ちさせ、

安心して暮らしていくための先人の知恵。

2. 鬼門を恐れる考えから。

3. 陰陽五行説での方位と設備の関係。

(陰陽五行説・・中国の王による対になるものとの関係と、

土・水・金・木・火の五つの要素が持つ力について説いたもの。)

4. 語呂合わせや駄洒落から生まれた迷信。

以上のように、「家相」にも、そのとらえかたによりさまざまであるとです。

似たようなものに「風水」があります。

「風水」は、風と水のエネルギーや潤いを適切に判断し

安心して住まうことのできる場所をを選ぶものです。

さらに、風水では、その人の生まれた年など、

占いの要素が深く関ってきます。

つまり、「風水」の場合は、人によりその吉凶が決まることになります。

「家相」の場合は、住人の吉凶は

家や土地の方位や形状、部屋の配置によって決まります。

しかし、家相が生まれた江戸時代と今では、

その住環境、生活環境はかなり違っています。

当時の考えをそのままに、当てはめようとしても無理が生じてしまいます。

それを中心に間取りを考えることも窮屈な場合があります。

「家相」とは、家との相性ともいえるのではないでしょうか。 

それぞれの方に、それぞれの家族構成、生活スタイルがあります。

そこに住まう人によって、住まいやすい、ここちよい家は違うはずです。

大きなお金をかけ、いっぱいの想いを詰め込んでつくりだす住まいです。

自分にとって相性ぴったりの住まいをつくりださなくてはいけません。

先人の知恵と、日本の四季、環境、文化を取り入れながら

その家にとって本当の意味でいい「家相」になるように

考えていかなくてはいけません。  Photo       

私たち「建築工房 大槻」では、

古くから伝わる伝統と知恵に新しい技術と発想を組み合わせ、よりよい住まいづくりをご提案しております。

       

  

    

|

« ブログ | トップページ | 家づくり »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004214/10812518

この記事へのトラックバック一覧です: 家相って・・・。:

« ブログ | トップページ | 家づくり »